数え歌 / 数数歌

命にふさわしい

      一つ 人として真っ当に
      一个人 认真地


      人愛おしみ、人に失意
      去爱一个人一次 爱到失意


      瞳に灯を宿すあの人
      那个人的瞳孔里有灯光

       

      失せしともしび 夢に等しい
      那灯火像梦一样暗淡消失


      二つ 再び信ずるとて
      两个人 再次相信


      うだつあがらぬ詩にぶら下がり
      从失意的歌词中重新振作


      裏切られた事も恨まぬ
      背叛的事也不再去怨恨


      負担を分け合う二人なら
      既然两人选择了共同承受

      三つ ミミズ腫れの三日月
      三是 新月夜


      身を隠すとばり 見つからぬように
      三条蚯蚓翻蛹寻找藏身之所


      四つ 寄る辺ない夜にこそ
      四是 无所依靠夜里


      僕の名前を呼んでくれ
      会呼唤我的名字

      一つ 二つ ただ悲しかった事
      一件、两件 尽是令人悲伤的事


      足し算したり 引き算したり
      做加法又做减法


      三つ 四つ 嬉しかった事
      三件、四件 开心的事


      足し引きゼロで眠りたい夜
      想要全部清空了就这么睡去的夜里

      五つ いつかの傷も痛む
      五是 不知何时的伤痛隐隐作痛


      理屈では癒えぬ感傷と
      即使这感伤无法用任何理由治愈


      後悔ですら慈しむ
      即使后悔 即使离开


      去り行けば痛みすら愛おしい
      也还是觉得很可爱


      六つ 移ろう人も街も
      六是 人远去 街变迁


      むつ市の海辺、過去が映る
      陆奥市的海边映照出的过去


      無痛でいられぬ人の世に
      没有伤痛的人世间


      ここだけは嵐もくつろぐ
      只有这里即使暴风雨来临也可以泰然处之

      七つ 懐かしいあの人の名は
      七是 怀念着那个人的名字


      夏のたもとに流れて泣いた
      在夏天流逝的日子里哭泣


      八つ 矢継ぎ早、急ぐ四季に
      八是 接连不断 飞速变迁的四季中


      顔も忘れた母の呼び声
      连长相都记不清的妈妈的呼声

      一つ 二つ 忘れてしまいたい事
      一件、两件 想要忘记的事情


      足し算したり 引き算したり
      做加法又做减法


      三つ 四つ 消すに消せない事
      三件、四件 想要抹去却抹不掉的事


      足し引きゼロで眠りたい
      想全都清空了就这么睡去


      五つ 六つ どうしようもなかった事
      五件、六件 没有办法的事


      悔やんでみたり 開き直ってみたり
      试着后悔 试着将错就错


      七つ 八つ 溢れ出した思い出
      七件 八件 回忆却满溢而出


      全部持っては行けない 明日には
      肩负全部 是无法朝着明天前行的


      九つ ここまでと、ここから
      九是 到此为止 从此开始


      木漏れ日がコツコツ、ノックする部屋から
      阳光穿过树叶的簌簌声像敲打着房门


      とうの昔に消し去ったつもり
      从这间屋子开始 无论是怎样的过去 都决心忘记


      遠ざかる昨日 とうとうさよなら
      终于跟遥远的昨天说再见

      一つ 二つ 離れたくなかった人
      一个 两个 不想再离开的人


      足し算したり 引き算したり
      做了加法 做减法


      三つ 四つ 愛してくれた人
      三个 四个 爱我的人


      足し引きゼロで眠りたい
      想全都清空了就这么睡去


      五つ 六つ 信じきれなかった人
      五个 六个 无法去相信的人


      悔やんでみたり 開き直ってみたり
      试着后悔 试着将错就错


      七つ 八つ とめどない思い出
      七个 八个 无法停止的回忆


      全部持っては行けない 明日には
      肩负全部 是无法朝着明天前行的

       

      中文译词:穆小飞

      幽霊 / 幽灵

      命にふさわしい

          在りし日の幻影を ハンガーにぶら下げて
          往昔的幻影倒挂在衣架上


          多情な少年は 出がけに人影を見る
          敏感的少年 临行之际忽见人影


          去り行くものに外套を着せて 見送る先は風ばかり
          为离别之人穿上外套 送别之地寒风呜咽

           

          かじかむ指先でドアを開けて 未練を置きざりにして街に出る
          用冻僵的手指打开门 抛下留恋离开家里

          繁華街で馴染みの顔と 音のしない笑い声 喧噪が静寂
          繁华街道上 熟悉的脸孔 无声的笑容 喧嚣归于寂静


          楽しいと喜びが反比例しだして 意識の四隅に沈殿する
          快乐与喜悦成反比涌出 沉淀于意识的四个角落


          小さな後悔ばかりを うんざりする程看取り続けて
          唯有隐隐的后悔与焦躁 无止尽地滋生


          一人の部屋に帰る頃 どうでもいい落日が
          回到无人等候的家里时 无意义的落日余晖


          こんな情緒をかき混ぜるから 見えざるものが見えてくる
          总是伴随着异样的情绪 所以才会看到不该看到之物


          幽霊 夕暮れ 留守電 がらんどうの部屋
          幽灵 夕阳 电话留言 空荡荡的房间

           

          中文译词:海边的里伽子

          命にふさわしい / 与生命相符

          命にふさわしい

              好きな人ができた 確かに触れ合った
              有了喜欢的人 也的确与她心意相通


              アスファルトより土 鋼鉄より人肌
              比起柏油路更爱泥土 比起钢铁更爱皮肤


              無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら
              如果在无意识的选择之下 比起寒冷更爱温暖的话

               

              その汚れた顔こそ 命にふさわしい
              那沾满泥泞的脸颊 才正与生命相符


              身の程知らずと ののしった奴らの
              那些不自量力 出言不逊的家伙们


              身の程知らなさを 散々歌うのだ
              正在奋力歌唱着他们的无知无畏


              前に進む為に 理由が必要なら
              如果为了前进 需要一个理由的话


              怒りであれなんであれ 命にふさわしい
              无论是愤怒还是别的什么 都能与生命相符

              こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を
              为了将潸然落下的泪水蒸发 而迎接阳光照射的早晨


              飽きもせず こりもせず
              不会感到烦腻 也未曾想要放弃


              待っている 待っている
              一直等待 一直等待


              全部を無駄にした日から
              从一切都白费的那一天起


              僕は虎視眈々と描いてた
              我就在虎视眈眈的描绘着


              全部が報われる朝を
              能够回报一切的早晨


              世界を滅ぼすに値する その温もりは
              值得毁灭世界的 那一抹余温


              二人になれなかった 孤独と孤独では
              却还是没能彼此相伴 只剩下孤独与孤独


              道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は
              曾经走过的路途历经了什么 才会留下用笑容掩盖伤痛的习惯呢

              そんなに悲しむことなんて無かったのにな
              那样悲伤的事情明明可以没有吧


              心さえなかったなら
              只要把「心」也舍去的话

              友達ができた 理想を分かち合った
              有了要好的朋友 也一起分享了理想


              向かうべき場所に 歩幅すら共にした
              向着应当前进的目标 一同迈出了步伐


              裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような
              说着就算被背叛也好 就这样倒在了路旁


              酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい
              而在酩酊中迎来黎明 才正与生命相符

              失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど
              虽然一直在寻找着 曾经失去之物的替代品


              そうじゃなく 喪失も正解と言えるような
              但并非如此 或许失去才是正确的吧


              逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない
              我仍旧期待着逆转剧情 而且那并非绝无可能之事


              途絶えた足跡も 旅路と呼べ
              即使路上的足迹已经断绝 我们的旅途还在继续

              世界を欺くに値する 僕らのこれまでは
              值得欺骗世界的 我们的过往


              一人になれなかった 寂しがりや共が集って
              却最终没有独自一人 因为有容易寂寞的人们彼此相伴


              道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して
              曾经走过的路途历经了什么 才会在受伤后摆出理所当然的表情呢

              そんなに悲しむことなんて無かったのにな
              那样悲伤的事情明明可以没有吧


              心さえなかったなら
              只要把「心」也舍去的话

              愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々
              因为想要守护所爱之物 破坏掉的东西许许多多


              あっけなく打ち砕かれた 願いの数々
              而被轻易打碎的梦想 也不计其数


              その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して
              想要从那些碎片上赤着脚走过 却在下一步时滑倒


              そこで死んでもいいと 思える一歩こそ
              就在那里死去也罢 带着这样觉悟的一步


              ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい
              仅仅 仅仅 仅仅如此 才能与生命相符

              心を失くすのに値した その喪失は
              值得让心迷失的 那失去的一切


              喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ
              喜悦与悲伤 两者本是无法交换的


              道すがら何があった? その答えこそ今の僕で
              曾经走过的路途历经了什么 它的回答正是如今的我


              希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる
              希望什么的 非常轻易地就能够抛弃了


              心さえなかったなら
              只要把「心」也舍去的话

              光と陰
              光与阴

               

              中文译词:結絾梨斗